スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大切なもの

    草原と水と太陽と風

    それだけでよかった

    あの頃の僕ら

    理由なんて何もないまま

    夢中で走れた

    高い高い木をよじ登り

    深い深い谷底を目指した

    少年の瞳が見ていたもの

    すべてが偉大で

    ひとつ乗り越えては

    自信に満ち溢れ

    たくさん冒険 繰り返して

    とても大きくなれた気がしていた

    あの頃の気持ち

    今でも 少しも変わっていない

    大好きだった高い木も 谷も

    こんなにこんなに小さくて

    いつの間にか

    大人になってしまったんだな

    さみしいけれど

    それでも

    無邪気な想いは今もまだ

    この胸に変わらずあり続けるから

    そう このままでいいんだよ

    前だけを見て歩いていよう

    次の『壁』を乗り越える為に

    きっと大丈夫

    変わらないものが

    僕の中にずっとあり続ける限り

    いつまでも心に

    少年の瞳があるうちは

    タイトル
    リンク
    RSSリンクの表示
    MicroAd
    おこづかいGET!!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。