スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    さよなら

    優しさに触れられたらいいのに

    温もりを感じられたらいいのに

    こんなに 君の近くにいても

    痛いくらい 淋しさ溢れるから

    僕はひたすら 手を差し出していた

    ちぎれる程に 強く 心の中で

    伝わることなどない きっと

    強がる僕の 裏側に隠した弱さを

    最期まで 見せられないままに

    最終電車は 走り出す

    ホームに立つ君の手にもしも触れたなら

    君は 振りほどいてしまっただろうか

    それすらも出来ないで 結局は

    ひとり こんな所まで来てしまったけれど

    優しさに触れたかった

    温もりを感じたかった

    君の笑顔を あと少しだけ見ていたかった

    スポンサーサイト

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメントの投稿

    非公開コメント :

    タイトル
    リンク
    RSSリンクの表示
    MicroAd
    おこづかいGET!!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。