スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    たったひとつの愛

    愛とは呼べないのかもしれない

    知らずに誰かを傷つけているかもしれない

    でも 傍にいたい 抱きしめていたい

    あの頃の二人はそう 強く強く望んでいた

    そうして抱えた絆と引き換えに

    大切な何かを 一つ一つ失くしていったんだ

    儚くて それが余計に想いを募らせた

    だけど

    臆病な僕は途中で 逃げ出す為の道を選ぶ

    もう捨てるものが無くなっていたから

    自分自身を失くすのがただ怖くて

    やがて静かに時は過ぎ

    きっと今と同じように また思い出すんだ

    あぁ あれが本当の 愛だったと

    失くしてしまった 大切な想いを


    ごめんね・・・
    スポンサーサイト

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメントの投稿

    非公開コメント :

    タイトル
    リンク
    RSSリンクの表示
    MicroAd
    おこづかいGET!!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。